引っ越し見積もりの見方

引っ越しに利用する業者を選ぶ行程で最も実際の引っ越しにかかる料金がイメージしやすい瞬間というのはおそらく見積もりを出した瞬間でしょう。ただ見積もりは一社だけ見ても高いのか安いのかピンと来ない部分があり、また同時にもし悪徳業者に引っかかってしまってもその事に気付けない可能性があります。そういった事態を避ける為に業者を選ぶ際はどれだけ断り辛くても2社以上から見積もりを出してもらう事が大切です。


引っ越し見積もりの構成

引っ越しの見積もりで出される見積書には、業者の方が部屋をざっと見て出した初回の見積もりと、それから転居者の話をきいた上で出した正式な見積もりです。断りづらくはなりますが、より正確に業者を比較する上では後者の正式な見積もりを利用するのが一番です。また見積もりは大抵の場合、送料や作業料といった基本料金と実費、そしてサービス料の3つで構成されています。ただ、基本料金や実費は同じ料の荷物を同じ場所から同じ場所に移動させるのであればそれほど各社の間に大きな料金差は通常生じないはずです。


おかしいなと思ったら

例えばそんなに通常大きく額が出ないはずの基本料金で2社との間に差が出てしまった場合、どちらか一方あるいは両方にちゃんと理由を聞いてみるとよいでしょう。もちろん納得がいく理由が帰ってこればそれを踏まえて料金は考えるべきですし、逆に説明に不安が残ればその業者はもう少しよく調べたほうがよいでしょう。また高い場合はもちろん極端に安い場合も気をつけなくてはなりません。例えば基本料金を安くするかわりにサービス料を多く取る会社や、安い分サービスも疎かで積み荷を傷つけるような業者の可能性もあります。

Comments are closed.